たい森の奥で直

「でも忘れられないですよ」と僕は言った。「僕は直子にずっと君を待っているって言ったんですよ。でも僕は待てなかった。結局最後の最後で彼女を放り出しちゃった。これは誰のせいだとか誰のせいじゃないとかいう問題じゃないんです。僕自身の問題なんです。たぶん僕が途中で放り出さなくても結果は同じだったと思います。直子はやはり死を選んだだろうと思います。でもそれとは関係なく、僕は自分自身に許しが…

続きを読む

沉靜在書的世界裏

  我曾在《十點讀書》裏面讀到這麼一句:“我害怕閱讀的人。當他們閱讀時,臉就藏匿在書後面。書一放下,就以貴族王者的形象在我面前閃耀。舉手投足都是自在的風采。讓我明瞭,閱讀不只是知識,更是魔力。我害怕閱讀的人,一跟他們談話,我就像一個淚溝價錢透明的人,蒼白的腦袋無法隱藏。我所擁有的內涵是什麼?不就是人人能脫口而出,遊蕩在空氣中最通俗的認知嗎?不再害怕的最好方式,就是讓自己成為閱讀的人。”  …

続きを読む